TOPお知らせ【2018年10月~2019年2月】機能リリース情報まとめ

【2018年10月~2019年2月】機能リリース情報まとめ

こんにちは、pasture運営事務局です。いつも弊社サービスをご利用くださり誠にありがとうございます。2018年10月〜2019年2月で行った、重要な機能リリース情報をまとめてご紹介いたします。

  1. 全銀協規程形式でのダウンロード機能
  2. プロジェクト予算管理・設定機能機能
  3. 請求日の締め日設定によるリマインド機能
  4. チェックリスト
  5. タスク公募機能

1. 全銀協規程形式でのダウンロード機能

請求データを全銀協規程形式に従ったデータ形式でダウンロードできるようになりました。

​また、同じパートナーへの請求データをまとめることも可能となりました。これでフリーランスの方への振込も効率化できます。

詳細につきましては、こちらのヘルプページを参照ください。

 

2. プロジェクト予算管理・設定機能

プロジェクトの1つ1つに予算を設定できるようになりました。

予算の残高、超過分だけでなく、これまでの発注金額もリアルタイムで把握できます。また、月次でかかった予算を確認することやCSVでダウンロードすることもできるようになりました。

詳細は、2018年12月20日のリリース内容からご確認ください。

3. 請求日の締め日設定によるリマインド機能

リマインド設定画面にて締め日の設定を行うことにより、締め日が近くなってきた際に、請求のリマインドが毎月自動で通知されるようになりました。

それにより、万が一、請求書申請漏れや請求書の申請~承認漏れがあった場合も締め日前に再認識、対応することが可能となります。

本機能は、2019年1月17日のリリース情報よりご確認ください。

4. チェックリスト

タスクにチェックリストが追加できるようになりました。例えば一つのインタビュー記事の中で発生する各工程に対する、進捗管理としてお使いいただけます。

チェックリストの項目追加と削除、順番の変更も可能。変更タイミングは、タスクの作成、もしくは編集時です。

詳しい内容については、こちらのリリースノートをご確認くださいませ。

5. タスク公募機能

タスク公募機能は、「タスクの内容をパートナーに公開し、パートナーがタスク内容を確認して受注するかどうかを決める」機能です。

これまでタスク機能は、発注する側(企業ユーザー)しかパートナーをアサインできませんでしたが、タスク公募機能によりプロジェクトにあらかじめ追加してある複数パートナーに応募をかけることができるようになりました。

パートナーは、公募タスク一覧から、タスクに応募することが可能です。公募機能の使い方等につきましては、こちらのリリースノートからご確認ください。

 

タスク公募機能を導入ご希望の企業様へ

上記にてご案内させていただきましたタスク公募機能は、ご希望のユーザー様のみ使用できる追加機能となります。もし使用をされたいという場合は、画面右下のチャットもしくは営業担当者へ直接ご連絡をお願いいたします。

 



以上、pasture運営事務局より、2018年10月~2019年2月のリリース情報まとめをお送りしました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

一覧へ戻る