TOPお知らせチャットワークとの連携を開始しました!

チャットワークとの連携を開始しました!

こんにちは。
このたび、pastureでチャットワークとの連携を開始しました。
チャットワークとpastureの連携により、フリーランスと企業との間で発生するタスクや発注、請求といった管理業務の状況を、
チャットをおこないながらリアルタイムに把握することが可能になります。

チャットワークとは?
導入企業社数178,000 社を突破した(2018年5月末日時点)、日本が誇るビジネスチャットツールです。
複数人が参加するグループチャットでコミュニケーションができ、メッセージの返信・引用・編集・削除機能や、絵文字を活用して、素早く正確に情報共有をすることが可能です。

■チャットワークとpastureを連携するには

1. チャットワークAPIトークンを取得する
チャットワークとpastureを連携させるためにはAPIトークンが必要になります。APIトークンは、チャットワーク画面の右上にあるユーザーアイコンをクリックし、メニュー内にある「API設定」 から取得できます。詳しい取得方法は、「API Tokenを発行する」を確認しましょう。

なお、企業がチャットワークを契約している場合は、チャットワークAPIを利用するにあたり組織管理者への申請が必要になります。詳しくは「APIの利用申請を承認・却下する」を確認してください。

2. 通知したいグループチャットのルームIDを取得する
pastureからの更新情報を通知したいグループチャットに移動してください。グループチャットのURL末尾の「rid」に続く数字がルームIDになります。

3. pastureのチャットワーク連携をONにする
pastureの画面右上のログイン名をクリックし「外部連携」をクリックします。
設定画面でチャットワーク連携を有効にし、通知したいグループチャットのルームIDとAPIトークンを入力した後、更新をクリックすれば設定は完了です。

pastureと連携すると、チャットワーク上にpastureの更新情報が届くようになります。

pastureとチャットワークを連携すれば、これまで煩雑だったフリーランスマネジメントが一気に簡単でシンプルになります。業務効率が上がること間違いなしです!ぜひお試しください。

一覧へ戻る